口唇ヘルペスの治療薬ならバルトレックス

投稿日:2017-09-02 更新日:

ヘルペスに関する皮膚病は全てバルトレックスで治療ができます。

バルトレックスは早期に服用するほど効果が大きく期待できますので、事前にバルトレックスを用意しておくことがとても大切です。

また病院で処方されたバルトレックスを全部服用せずに、再発に備えて残しておくことはおすすめできません。

医者が処方するバルトレックスは、全部服用してヘルペスに完全な効果が出るよう処方されていますので、症状が軽くなったからと、勝手にバルトレックスの服用を止めてしまうのは耐性菌を作る原因にもなりますので、止めましょう。

簡単にバルトレックスを用意するには、通販で事前に購入するのを考えに入れてもいいでしょう。

口唇ヘルペスの治療薬の種類

口唇ヘルペスは、単純ヘルペス型が原因で発症する皮膚病です。このウイルスの感染者は大人になるほど多く、家族間での感染が主な感染源になっています。

口唇ヘルペスは初めて発症した時が、症状が一番重くその後再発時には軽い症状で済むことが多いです

症状が出る前に、独特の感覚がありますので、その感覚を感じたらすぐに治療を始めますと、早期に治癒する事ができます。

バルトレックス

口唇ヘルペスを始め多くのヘルペスが関連した病気は、バルトレックスで抑える事ができます。

バルトレックスの有効成分のバラシクロビルは、ゾビラックスの有効成分のアシクロビルにL-バリンを結合させて、安定性を高めて身体への吸収率を早くさせたものです。

ですのでバルトレックスのほうが口唇ヘルペスを早く治療する事ができます。

ゾビラックスは1日5回の服用が必要でしたがバルトレックスは1日2回の服用で口唇ヘルペスを完治する事ができます。

バラシクロビルは肝臓で代謝されてアシクロビルになり、消化管を通さず直接有効成分を血液へ送りますので高い効果を早く得る事ができます。

バルトレックス
バルトレックスの詳細

目次1 バルトレックスとは2 ヘルペス治療にバルトレックスが一般的3 バルトレックスを事前に用意して ...

続きを見る

バルトレックスは服用回数が少なくて便利なメリットがあり、使用量が違う事から総額も安く済みます。

薬品名 成分 服用量・服用回数 服用期間 薬価
バルトレックス バラシクロビル 1錠500mgを1日2回 5日間 1錠約400円
ゾビラックス アシクロビル 1錠200mgを1日5回 5日間 1錠約220円

バルトレックスにはジェネリック医薬品が出ていますので、実際にはかなりお安い価格ですみまので、助かります。

バルトレックスは、ヘルペスが再発しないように事前に予防と言う意味で使用する場合があります。このケースでは1日1錠を服用するのが一般的です。

ゾビラックスは有効成分のアシクロビルをそのまま利用できる事から、軟膏や注射、点滴として使用されています。

ゾビラック軟膏はドラッグストアーでも購入する事ができます。

これは比較的症状が軽い再発時の治療に限って市販が認められている薬で、購入時には薬剤師が対面で販売しなければいけない「第1類医薬品」に指定されています。

口唇ヘルペスの再発に関しては、早期であれば市販薬で十分に効果がありますので便利ですが、症状が悪化してからでは効果がありませんのでその場合はバルトレックスの使用がオススメです。

-ゾビラックス, ゾビラックス軟膏, バルトレックス, バルトレックスジェネリック, ヘルペスウイルス, ヘルペス市販薬, 単純ヘルペス, 口唇ヘルペス
-, , , , , , , ,

Copyright© ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ , 2020 All Rights Reserved.