口唇ヘルペスはアルギニンのバランスが問題

投稿日:2017-09-20 更新日:

アルギニンを多く含む食べ物としては、ナッツ類、鶏肉、大豆、エビ、マグロなどがあります。

一部の研究では、アルギニンの過剰摂取はヘルペスを悪くするという説明がされているところがあります。

ですが、ヘルペスとアルギニンに関する情報は錯そうしており、現時点ではヘルペスとアルギニンの関係は定かではありません。

今の見解では、アルギニンをバランス良く摂取する事が望ましいとの結論が出ています。

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促したり、男性の活力アップ、筋肉や骨格の成長、疲労回復などに効果があるといわれています。

ですのでいたずらにアルギニンを取り過ぎたり、摂政を抑える事は得策ではありません。

アルギニン、Lリジンの役割とヘルペス

口唇ヘルペスで、再発に困っている方が大勢います。ですが大体の場合自然治癒してしまうケースが多くそのままにしているようです。

ですが、症状が出ている時は他の人に移す可能性が多いので、自粛が必要です。

口唇ヘルペスの再発は、免疫力の低下や体の疲れが元で発症する事が分かっています。

アルギニンの役割

アルギニンはいろんな効果がある事が分かっています。疲労回復効果は良く知られています。

アルギニンをはじめイソロイシン、バリン、ロイシン、などのアミノ酸は、エネルギー作る役割がある事から疲労の回復に役立ちます。

成長ホルモンの合成にも大きな影響を与え、成長ホルモンの減少は疲労回復を遅くし、また肌や筋肉の健康や成長に影響を及ぼします。

アルギニンを摂取することで、疲労回復や筋肉の成長の他男性では男性機能の改善も期待できます。

アルギニンには血行をよくする働きがあり、精子の製造を活発にしてくれますし、勃起不全などにも効果的の様です。

ただし、ED治療薬のような効果はありません。

 

アルギニンには、外部から体内に侵入してくる侵入に対して免疫力を高め、さらに内部で発生するがん細胞を消す作用もあります。

ここまで知りますとアルギニンを沢山摂取使用と考えてしまいますがアルギニンの撮り過ぎはヘルペスを発症を促進しますので注意が必要です

アルギニンは、摂取量によってヘルペスの増殖を助けてしまう場合があり、ある量を過ぎると妨げるなどが分かっていますので適量を知る事が大切です。

リジンとのバランスが重要

リジンもアミノ酸の一種で、これもアレルギン同様免疫力の向上に役立つもので、口唇ヘルペスに有効だと言われています。

このリジンとアルギニンのバランスが大きくヘルペスの増殖に関係をしているようです。

口唇ヘルペスの予防には、リジンの摂取量>アルギニン摂取量の状態が良いようです。

両方の成分が多く含まれる食材としては、納豆やチーズ、肉、魚などがあります。

ただし、これらの食材に入っているリジンとアルギニンの含有量が同じくらいなので、注意が必要です。

予防目的にするのでしたら、更にリジンのサプリメントなどを使用しますと有効です。

リジンの摂取量を多くすると口唇ヘルペスの予防になりますが、同時に、免疫力が落ちないように日頃の健康生活を保つ事も重要です。

l_リジン
L-リジンの詳細

リジンはお米などの穀類には多く含まれていないので、肉類や魚介類、牛乳やチーズなどの乳製品や納豆や豆腐 ...

続きを見る

食生活

口唇ヘルペスは、胃腸の調子が悪かったり紫外線に多く当たりますと発症しやすくなります。

食事は栄養が偏らないように気を付けて決まった時間にしっかり食べましょう。

特に口唇ヘルペスの再発の原因になる免疫力低下を招かないように、ビタミンAやC、B6などを摂るようにするようにしましょう。

ほうれん草やレバー、ブロッコリーなどがオススメです。(*^_^*)

ストレスも大きな免疫低下に繋がりますので、十分に休息を取って、適度な運動を定期的にするようにしましょう。

風邪などひかないように手洗いうがいは必ず行って、強い紫外線対策には日焼け止めクリームを使用しましょう。

-L-リジン, ヘルペス, ヘルペス食事, 口唇ヘルペス
-, , , , , ,

Copyright© ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ , 2020 All Rights Reserved.