ヘルペスは早期に治療を始める事が一番

ヘルペスを治療するにあたって一番重要な事は、早期に検査を行って治療薬を服用する事です。

治療薬はできれば、事前に準備をしておくことが一番です。

ヘルペスは発症する部位によってなかなかヘルペスが原因である事が分からないケースがあります。

またアトピーなどの皮膚炎を持っている方は、医者でも水ぶくれができるまでは、ヘルペスである事が分からないケースもあります。

診断が遅れますと、その分治療に時間もかかりますし、身体に与える影響も大きくなってしまいます。

ヘルペスの検査とその診断方法

ヘルペスのような症状が出てきたら、素早くお医者さんに診てもらいましょう!

上半身、口のまわりなどに症状がでた場合には、皮膚科に行って、症状が下半身、性器の部分に出た場合には泌尿器科・婦人科に受診しましょう。

どちらに行っても処方されるお薬は同じですので、両方に症状がある場合は行きやすい方でかまいません。

単純ヘルペスは、水ぶくれなどの症状を診て簡単に判断ができます。また医者では水ぶくれの中の液体を綿棒で取って顕微鏡で見る事で更に詳しくヘルペスを診断ができます。

症状が出ていない場合や、初感染か再発かを知りたい場合には、血中のウイルス抗体を調べる事で、確定できる検査方法もあります。

皮膚科や、泌尿器科、婦人科などで調べる事ができますので、心配な場合に調べて頂きましょう!

ヘルペスは一旦体の中に入りますと、一生体の中から消える事はありません。(現在の医学ではできません。)

ですが、ヘルペス自体は特効薬のバルトレックスで完全に抑える事ができますので、早期治療を心がけていれば問題ありません。

バルトレックス

バルトレックは、医者に処方して頂きますと、500mg1日2錠を5日分出してくれます。

今の薬事法によってこれ以上の処方は禁止されていますんので、この量が最大になります。

バルトレックスを処方されましたら、全てのお薬を飲みきりましょう。

少し見た目で皮膚の症状が良くなったとしても、実際には内部でまだヘルペスウイルスは暴れていますんので、見て目だけでお薬の服用を止めてしまいますと、ヘルペスが再発してしまいます。

バルトレックには、ジェネリックも出ていますので薬局でジェネリックを希望しますと、コストも安く済みます。

また、ヘルペスが発症し始めた時にすぐにバルトレックスを服用し始めますと、ほとんど症状の無いまま完治しますので、常備しておく事をおすすめします。

バルトレックスは、通販などでも購入ができますので、そちらも参考にしますと便利です。

バルトレックス
バルトレックスの詳細

目次1 バルトレックスとは2 ヘルペス治療にバルトレックスが一般的3 バルトレックスを事前に用意して ...

-バルトレックス, バルトレックスジェネリック, ヘルペス, ヘルペス再発予防
-, , , ,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ