性器ヘルペスとは

性器ヘルペスはどんな気なの?

性器ヘルペス

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス2型によって発症するされるウイルス性感染症です。
単純ヘルペスウには代表して2種類存在しています。主に性器周辺に症状が出るものを性器ヘルペスと言います。 口唇や顔面など上半身に症状が出るものは口唇ヘルペスですので間違わないようにしましょう。

ヘルペスウイルスとは?

ヘルぺスウイルスは弱い菌で自力で増殖ができず。人間の細胞の中に入り込む方法で生きている事ができます。。性器ヘルペスの単純ヘルペスウイルスは主に下半身の神経節に潜伏しています。人間が免疫力を低下させた時などに再活性化され、症状をだし同時に他人にも感染させてしまいます。

性器ヘルペスの感染

性器ヘルペスは多くの方が感染していますが、実際に症状がでる方は60%ぐらいになります。
症状が無くても、性器ヘルペスは他の人にうつす可能性があります。
また症状が出ていなくてもウイルスが外に出ているエースもありますので注意しましょう。
性器ヘルペスの症状がある方はセックスを避け、症状が出ていない時でもコンドームを使用 しましょう。感染拡大を防ぐ事が大切です。

性器ヘルペスの症状

性器に独特の赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍などができてきます。

女性の性器ヘルぺス
外陰部と膣の入り口に症状が出てきます。症状はは子宮頚部に及ぶこともありこの場合には見つけにくくなってしまいます。

男性の性器ヘルペス
亀頭の周辺、陰茎体部に最もよく見られ、包茎の男性は亀頭内部の皮膚の症状が出やすくなります。

男女ともに肛門、お尻、太ももに見られることもあります。
性器ヘルペスは基本的に初感染の症状が重く、再発は軽い事が特徴です。

初感染・再発

初感染は、はじめて単純ヘルペスウイルスに感染した状態で症状が出る事です。強い症状が出ますのでの注意してください。
性器ヘルペスの再発は、体内に眠っていたウイルスが免疫力の低下なおで再度暴れ出すものです。初感染に比べると症状は軽度となり、再発を繰り返す度に症状は軽症化します。

初感染の特徴的と症状について

  1. 赤いブツブツができ、水ぶくれになり、それが破れて潰瘍を形成します。
  2. 激しい痛みがあります(女性は排尿時に痛みを伴います)。
  3. セックスなどで感染してから2~12日間で発症します。
  4. ひりひり感、むずがゆさ、灼熱感、痛みなどを感じます。

再発のきっかけは何?

免疫を低下などが主な原因になります。

  1. 肉体的な問題
  2. 月経
  3. アルコール
  4. 他の性器感染症
  5. 強い日光への曝露 ・免疫低下状態
  6. 長時間のストレス
  7. 紫外線
  8. セックスによる皮膚の摩擦や損傷など
  1. 精神的な問題
  2. 長時間のストレス
  3. 再発の不安

性器ヘルぺスの治療の方法

基本的に抗ヘルペスウイルス薬バルトレックスなどを使用します。

初感染時の場合

重症のときや全身的な症状がある時は、入院して治療。治療には抗ヘルペスウイルス薬を中心に使用します。
症状が重い場合は点滴静注薬や飲み薬などを使用します。

再発時の治療

初感染時と同様に、抗ヘルペスウイルス薬バルトレックスを使用します。
飲み薬や塗り薬などを、症状や状況に応じて適時使い分けます。

バルトレックスは通販などでも購入できますので、検討してみましょう。

バルトレックス
バルトレックスの詳細

目次1 バルトレックスとは2 ヘルペス治療にバルトレックスが一般的3 バルトレックスを事前に用意して ...

-ゾビラックス軟膏, バルトレックス, ヘルペス再発, ヘルペス感染経路, ヘルペス治療, 性器ヘルペス
-, , , ,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ