性器ヘルペスの治療法

性器ヘルペスの正体

性器ヘルペスに感染した場合にその症状をいくつか知っておく必要があります。

単純2型というヘルペス菌が起こす皮膚病で、下半身に主に症状を出します。

最初は赤いぶつぶつが出てきて、その後水ぶくれになり、やがて破けて瘡蓋になっていきます。

女性の場合は性器が体の中に入っている事もあり、排尿時に強い痛みを感じる場合が多いです。

性器ヘルペスに感染したら必ず症状が出るとは限らず、感染しても全く症状がでないまま済んでしまう人も多くいます。

又初めて症状が出る場合は強い症状が出る場合が多く、治りも悪くなります。

再発の確率は年に8割の人が再発をします。

ですが、初回と違って再発の場合には比較的軽い症状で終わる場合がほとんどです。

治療はなるべく早期に始めた方が、症状が軽く済みますのである程度性器ヘルペスに対しての知識を持っておくことが必要です。

ヘルペスの事を知っているのと、知らないのでは、その後の治療に大きな差がでてしまいますので、良く勉強しておきましょう。

性器ヘルペスの治療法について

性器ヘルペスの感染は、性行為によって感染する性病で、「Genital Herpes」の頭文字から「GH」と呼ばれています。

単純ヘルペス2型による感染症で、男女ともに性器の周辺や肛門の周辺に水ぶくれがでてきます。

性病の男女比での多さを見ますと、男性は、「淋菌感染症」「性器クラミジア感染症」「性器ヘルペス」の順で、女性は「性器クラミジア感染症」「性器ヘルペス」の順になります。

女性が初めて性器ヘルペスに感染するケースでは、排尿困難や激痛などで、男性に比べて重症化しやすい傾向にあります。

性器ヘルペスの治療

性器ヘルペスに感染しますと、股間にヘルペスが出てきますので摩擦しやすい部位いでもある事から、治りが悪い厄介な性病です。

治療はバルトレックス500mgを1日2錠5日使用するのが基本で、症状の酷いケースでは軟膏なども併用して使用します。

一旦性器ヘルペスは治療しますと治るのですが、腰部の神経節に潜んで再度暴れるチャンスが来るまで生きています。

性器ヘルペスの現状

性器ヘルペスは、主に性行為によって感染する性感染症です。

昨今では性交渉の低年齢化が進んでいて10代から20代の性器ヘルペスの数が異常に増えています。

男性の場合は、陰茎の先端、亀頭や包皮、陰茎体部や臀部に、赤い湿疹が見られますが、ほとんどのケースではジャワ―で洗い流してしまいますので感染するリスクは低くなります。

女性の場合は、外陰部や膣の入口、肛門付近の粘膜や臀部に湿疹が発症し、発熱などがあるケースもあり、女性器は体の内部に入っている事から感染率が高く、そのままにしていますと子宮頚部に及ぶこともあり、女性の方が重症化しやすい傾向にあります。

性器ヘルペスの早期治療効果

性器ヘルペスの発症を経験した事のある人でしたら、性器ヘルペスが出る前の前駆症状がすぐに分かりますので、その時点で治療を始めましょう。

バルトレックス500mgを1日2錠5日必ず服用しましょう。

この状態の時に適切にバルトレックで治療を始めますと、ほとんど症状が出ないまま治癒させる事ができます。

性器ヘルペスを持っている人は早期治療のためにもバルトレックスは常備しておくことをおすすめします。

バルトレックスは、通販でも簡単に購入ができますので常備に困っている方はそちらからの購入も検討に入れておくと安心です。

バルトレックス
バルトレックスの詳細

目次1 バルトレックスとは2 ヘルペス治療にバルトレックスが一般的3 バルトレックスを事前に用意して ...

性器ヘルペスの治療後

性器ヘルペスウイルスは、治療をしても残念ながら体の中からウイルスが消える事はありません。

性器ヘルぺスの治療は出てきた症状を改善するだけの治療が限界で、性器ヘルペスがいなくなったわけではありませんので再発の可能性はあります。

へルぺスウイルスは体の中の神経節に潜んでそのまま人が亡くなるまで一緒に生き続けています。

性器ヘルペスウイルスは生き続けます

性器ヘルぺスウイルスは、一旦症状が改善しても神経節に潜むだけでずっと体の中で生き続けています。

今の医学では、ヘルペスウイルスを体の中から無くすことができません。ヘルペスウイルスを体から完全に無くすような治療薬ができるとノーベル賞ものです。

女性の場合は性器ヘルペスが暴れだしましたらしっかりと管理していませんと、赤ちゃんが生まれた時に母子感染してしまうケースもありますので注意が必要です。

赤ちゃんはまだ、体が完全ではありませんので、簡単にヘルペスウイルスが脳に転移してしまう可能性があります。

妊娠中の性器ヘルペスは確実にたたいておきませんととんでもない結果になってしまいます。

性器ヘルペスの再発防止

性器ヘルペスの再発を防ぐための新しい治療法「再発抑制療法」と言う方法が提案されています。

基準としては、年に6回以上性器ヘルペスを再発させている、又は性器ヘルペスの症状で精神的なダメージが多いなどにあたる場合はこの予防治療を受ける事ができます。

日本ではまだ始まったばかりの制度ですが、海外ではよく知られた予防方法になります。

バルトレック500mgを毎日1錠服用する方法で、性器ヘルペスの発生率は程無くなります。

夫婦間での性器ヘルペスの感染は、防止できる物ではありませんので必ずお互いに感染する事は知っていましょう。

-バルトレックス, ヘルペス, ヘルペスウイルス, ヘルペス治療, ヘルペス赤ちゃん, 性器ヘルペス
-, , , , ,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ