口唇ヘルペスの塗り薬の種類

口唇ヘルペスの塗り薬には、処方薬と市販薬の2つが存在します。

この2つの違いは、有効成分の入っている量の違いになります。

市販薬の効果が得られるケースは、ヘルぺスの症状が始まったばかりの時期にのみ有効に効果をえる事ができます。

水ぶくれなどになってしまったケースでは、市販薬では効果を期待できず、更に市販の塗り薬を長期で使用する事で、ヘルペスに耐性が出てしまう場合もなりますので、市販薬の長期使用は厳禁です。

市販薬と処方薬の使用方法を間違えないようにしましょう!

口唇ヘルペスの塗り薬

口唇ヘルペスの塗り薬には、病院で処方してくれる処方薬と町のドラグストアで購入できる市販薬の2点があります。

ドラッグストアーでの市販薬は薬剤師の対応が必要な「第1類医薬品」に属し、更に口唇ヘルペスの再発の治療に限って購入が許されます。

処方箋薬と市販薬の成分は同じですが、市販薬は有効成分の配合量が少し少なくなっています。

有効成分はアシクロビルまたはビタラビンになります。

単純ヘルペスウイルス1型のDNA複製を阻害して増える事が出来ない状態にします。

処方薬と市販薬の商品名と有効成分は下記のようになります。

処方箋薬

ビタラビン  「アセラナA軟膏」、「アセラナAクリーム」
アシクロビル 「ゾビラックス軟膏」、「ゾビラックスクリーム」

市販薬

アシクロビル 「アクチビア軟膏」、「ヘルペシアクリーム」、「ヘルペエース」
ビタラビン  「アセラナS軟膏」、「アセラナSクリーム」

市販薬が有効な条件は再発のケースで、かつ早期に発見ができた場合に市販薬で十分な効果を得る事ができます。

ヘルペス市販薬
市販薬はヘルペスに効果があるの?

市販薬はどうしても処方薬に比べますと、有効成分が少量になってしまいます。 極端な話、市販薬と処方薬が ...

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスは、唇の回りがピリピリするとかチクチクするという特有の前兆があり、その後水ぶくれが出てきます。

何度か再発を経験しますとその前兆が分るようになるので、早期治療をしますと早く治り、ほとんど症状も出ません。

口唇ヘルペスの症状が出ているときは、家族などに感染させるリスクが高くなるので注意しましょう。

口唇ヘルペスが出る条件は、免疫力の低下の他に強い紫外線を浴びたときや、女性では月経前に再発しやすい人もいます。

口唇ヘルペスは平均して、年に2回ぐらいのペースで再発する人が多いようです。

口唇ヘルペスの原因宇井する単純ヘルペス1型は何処にでもいるウイルスで、成人のほとんどは知らないうちに感染しています。

キャリアの多くは症状がまったくない無症候性のキャリアですので、自分が感染していることに気が付いていません。

口唇ヘルペスの治療に必要な期間は、初めての発症の場合は10日間~2週間、再発の場合は5日間ほどです。

塗り薬は一度使用しますと、約半年程で使用できなくなりますので、その点を良く理解して使用しましょう。

-ゾビラックス, ゾビラックス軟膏, ヘルペス再発, ヘルペス市販薬, 口唇ヘルペス
-, , , ,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ