ヘルペスの再発を予防するなら知っていなければいけない事

再発を繰り返すヘルペスですが、ポイントをしっかりと押さえていますと、問題無く過ごす事ができます。

ヘルペスの再発を予防するのでしたら、下記の事に注意した生活を送りましょう!

  1. 風邪をひいて熱が出て抗生物質を使用している。
  2. 働き過ぎの状態が長く続いた時
  3. 強いストレスを感じていると思った時
  4. 外で紫外線を多く受け過ぎた時
  5. 女性は月経前のホルモンバランスが乱れがちなと時
  6. 薬を服用で免疫力が低下している時

上記のような状態になったら常に改善に対応できる方法を用意しておきましょう。

また初期症状を見逃さず早期に対応をする事も大切です。
口唇ヘルペスの場合ですと、下記のような状態を言います!!

  1. 唇または唇の淵あたりにピリピリ、チクチクなどの違和感が出てくる
  2. 何となくある部分だけ痛痒い感じがする時

ヘルペス治療の基本はバルトレックスの服用です。

バルトレックスは何時での使用できる状態に常備しておく事をおすすめします。

ヘルペスの再発予防

ヘルペスは再発を繰り返す厄介な皮膚病です。

ヘルペスウイルスは体の中の神経節に潜んで現在の医学では完全に体から取り除く事が残念ながらできません。

ヘルペスは発症して、表面的な皮膚の炎症が無くなっても、神経の中に潜んで住み続けます。

単純ヘルペスウィルスには1型と2型の2種類があり、1型は口周辺や顔など上半身に、2型は性器や下肢など主に下半身に症状が出ると言われていますが、最近ではどちらのタイプも全身に出てくる様です。

普段は潜んでいるヘルペスウィルスが、免疫力が低下すると活動を再開して、発症します。

現在の医療では、ヘルペスウィルスを完全に死滅させる事はできませんので、再発を予防すること、再発しても軽症で済ませることが重要です。

過労やストレスなどで免疫力が落ちると再発することになりますので、日々の体調管理が重要になってきます。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスが再発を繰り返している場合は、前兆となる独特な唇の違和感やムズムズ感を感じるます。

初期段階でバルトレックスの服用やゾビラックス軟膏などを使用する事で、症状を悪化させず発症を未然に防ぐ事ができます。

普段からの健康管理や、市販の抗ウィルス軟膏などを常備して、症状の前駆症状が出ればすぐに塗るようにしましょう。

抗ウィルス剤は処方薬とは別に数年前から市販されるようにもなりましたので万が一の時はドラッグストアーに駆け込みましょう。(*^_^*)

但しドラッグストアーで購入できるのは、すでに医療機関でヘルペスの診断を受けている人だけにしか対応できませんのでご注意を。

性器ヘルペス

性器ヘルペスは単純ヘルペス2型を中心にした性感染症で、性的な接触や性交渉によって感染し再発を繰り返します。

性器ヘルペスは、歩くたびに擦れて刺激を植える部位に出来ていますので、早期の治療をしませんと治りが悪い事が多々あります。

そこで、何度も再発するケースでは、抗ウィルス剤を長期的に服用する「再発抑制療法」も行われています。

性器ヘルペスは、泌尿器科や産婦人科などの専門医に診察して頂きましょう。

再発予防のために普段から、かぜ・過労・ストレス・紫外線などにも注意して行きましょう。

食事や栄養にも留意して、同時にサプリメント等の活用も効果があります。

最近ではヘルペス治療に特化したLリジンのサプリなども試してみましょう。

Lリジンはヘルペス予防だけでなく、毛髪の健康にも効果があると言われている必須アミノ酸です。

l_リジン
L-リジンの詳細

リジンはお米などの穀類には多く含まれていないので、肉類や魚介類、牛乳やチーズなどの乳製品や納豆や豆腐 ...

-バルトレックス, ヘルペス, ヘルペス再発
-, ,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ