市販薬はヘルペスに効果があるの?

投稿日:2017-06-15 更新日:

市販薬はどうしても処方薬に比べますと、有効成分が少量になってしまいます。

極端な話、市販薬と処方薬が全く同じ効果があったら医者や薬局は必要なくなってしまいます。

当然効果の高い処方薬は効き目が強いことはだれでも簡単に分かります。

では、市販薬はそのようなケースで使用すれば効果的といえるでしょう?

市販薬が有効な時期や症状があります。

早期のヘルペスですと、市販薬でも十分に効果があります。

また単純ヘルペスなどは早期治療で市販薬を使用しても十分に効果を得る事ができます。

総じていますと、市販薬が効果を発揮できるのは、病状が初期段階でそれほど炎症も進んでいないケースですと利用ができます。

風邪薬も早期に市販薬を使用すれば効果があるのですが、完全に風邪を引いてしまった場合には、もう効果はありません。

ヘルペスに効き目のある市販薬

口唇ヘルペスは、再発のケースに限り市販の塗り薬で治療ができます。

口唇ヘルペスですとゾビラックス軟膏が効果があります。

バルトレックなどの服用薬は市販では販売されていませんので購入できません。

市販で購入できる抗ウィルス剤は外用薬だけになります。

市販のヘルペスの塗り薄りには下記のようなものがあります。

  • 佐藤製薬の「アラセナS」
  • 大正製薬の「ヘルペシア」
  • グラクソ・スミスクライン株式会社の「アクチビア」

ヘルペスは初めて感染した時は重症化することも多いので、初めての方にはドラッグストアーでは販売していけない事に基本的になっています。

市販の外用薬が購入できるのは、医師から「口唇ヘルペス」との診断を受けたことがあり、再発した場合に限られています。

口唇ヘルペスの市販薬は【第1類医薬品】ですので、薬剤師の対面販売で購入しなければいけませんので薬剤師のいないショップでは購入できません。

口唇ヘルペスの初期症状は、なとなくくちの回りにヒリヒリ感が出てきて、独特の感覚がありますので再発の方はすぐに分かります。

その時点ですぐに市販のゾビラックス軟膏を使用する事で、発症しないまま治ります。

発症してしまった場合には、効果がどうしても少ないのでバルトレックスなどの服用薬を使用する事をおすすめします。

初期段階での治療のは効果的でしが、悪化してからはあまり効果は見られませんが、広めに塗っておくことで周辺の感染拡大を防ぐことはできます。

口唇ヘルぺスの治療は、基本的には服用薬での治療がオススメになります。

風邪など、他の病気が併発している場合は、合併症の心配もありますので「内科」に行くのがオススメです。

妊婦の場合には市販薬を使用せずに、見て頂いている「産婦人科」に行きましょう。

「性器ヘルペス」や「帯状疱疹」なとの場合は、市販薬では全く効果がありませんので早々医者に行ってみてもらいましょう。

口唇ヘルペス
口唇ヘルペスの軟膏の効果は?

目次1 ヘルペス治療に効果のある軟膏の使用方法1.1 口唇ヘルペスには軟膏が便利2 ヘルペスの塗り薬 ...

続きを見る

-ヘルペス市販薬, ヘルペス治療, 口唇ヘルペス, 帯状疱疹
-, , ,

Copyright© ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ , 2020 All Rights Reserved.