口唇ヘルペスの治療方法の現状

口唇ヘルペスは、特効薬のバルトレックスを使用するのが一般的です。

角膜ヘルペスなどは、症状の確定が遅くなってしまうケースもありますので、眼軟膏とバルトレックスを併用して、角膜の潰瘍を早期に拡大できないようにする必要があります。

症状が軽症の場合には、抗ヘルペス薬(アシクロビル、ビダラビン)の塗り薬を使用しますが、基本的には抗ウイルス薬バルトレックスの服用が一般的です。

米国のFDAでは、市販薬として抗ウイルス薬外用薬の長期使用に対して耐性ウイルスができてしまうケースがあるので、使用の警告をしています。

初感染や中等症のケースでは、抗ヘルペス薬(アシクロビル、バラシクロビル)の内服薬を使用して、、重症になった場合や免疫不全者では抗ヘルペス薬(アシクロビル、ビダラビン)のを点滴で体に入れる治療をします。

細菌の再感染を防止するために抗生物質の服用や塗り薬を使用する事があります。

口唇ヘルペスの治療法

口唇ヘルペスは、ヘルペスウィルスによる感染症で、単純1型ウイルスに分類されており、上半身に症状が出る事が多いです。

菌による病気ではなく、ウィルスによる感染症なので抗生物質は効きません。

バルトレックスやゾビラックスなど抗ウィルス剤をヘルペス治療薬として使用します。

口唇ヘルペス感染の実態

口唇ヘルペスウイルスは多くの成人がすでに持っていて、大体の場合には家族間で知らない内に感染をしていまうケースがほとんどです。

感染しても発症しないケースが多いので、気が付いていませんがすでに口唇ヘルペスに感染している人が大勢います。

基本的に服用薬のバルトレックスと塗り薬にゾラビックスの併用またはどちらかの使用によって治療を行います。

再発を繰り返す事の多い病気で、早期治療が一番重要と言われています。早期に治療を始めた場合にはほとんど症状がでないまま治療できますので、その点を守る事で症状を気にする必要のない病気です。

口唇ヘルペスは昔からある皮膚病ですので、いろんな民間療法が存在しますがそのほとんどは効果はありませんので、バルトレックスなどの医薬品を使用しましょう。

口唇ヘルペス
口唇ヘルペスの詳細

ヘルペスにはいろんなタイプがあります。 その中でも最も一般的なヘルペスが上半身に出てくる単純ヘルペス ...

口唇ヘルペス治療薬の種類

口唇ヘルペスの薬には、服用薬のバルトレックスと塗り薬のゾビラックスのが使用されていす。

現在では、塗り薬のゾビラックスは有効成分が少ないタイプがドラッグストアーなどで販売されています。

更に点滴薬があり、全部で外用薬と内服薬、点滴の3種類があります。

バルトレックス

口唇ヘルペスの第一選択しのお薬になります。

性器ヘルぺス、帯状疱疹、水疱瘡などどのヘルペスウイルスが原因の病気には、すべての効果のあるお薬で、病気のタイプや症状によってお医者さんが服用量を調整して処方さえるのが一般的です。

有効成分はゾビラックスと同じになります。

ゾビラックス

以前はゾビラックスの服用薬も良く使用されていましたが、1日5回服用しなければいけないと言う不便さからいまでは、服用薬としてはほとんど利用されています。

ゾビラックスには、軟膏薬が出ていて、このタイプが盛んに利用されています。

口唇ヘルペスでは、初期の段階ではこのゾビラックス軟膏だけでほとんど症状の出ないまま治癒する事ができます。

ゾビラックス軟膏に関しては、有効成分の少ないタイプがドラッグストアーで販売されています。

既に医者に行って、ヘルペスと診断がついている方だけしかドラッグストアーでは購入できませんので、その点は気を付けて下さい。

点滴

重篤化した場合、免疫不全などの病気を併発している場合、アトピー性皮膚炎を併発している場合は、医者に入院して、点滴による治療を行うケースがあります。

アトピー性皮膚炎の方は、口唇ヘルペスが悪化してカポジ水痘様発疹症を発症して重篤化することもありますので気を付けて下さい。

口唇ヘルペスの再発予防について

口唇ヘルペスウイルスは、平均的に年に2回程再発する方が多いようです。

何度か経験をしますと、口唇ヘルペスは発症する前の前駆症状が分かるようになりますので、ヘルペスになるなと思ったら、ゾラビックス軟膏を使用するかバルトレックスの服用を始めましょう。

万が一間違えたとしても、何ら問題はありませんので、怪しいなと思ったら悪化させる前に治療を始める事で、症状を出さずに済みます。

-ゾビラックス, ゾビラックス軟膏, バルトレックス, ヘルペス再発, ヘルペス再発予防, ヘルペス市販薬, 口唇ヘルペス, 帯状疱疹, 水ぼうそう
-, , , , , , , , ,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ