口唇ヘルペスの薬ならバルトレックス

投稿日:2017-07-20 更新日:

バルトレックスは現在ヘルペス治療の最前線の治療薬になります。

ヘルペスの症状が出ている部位や、状況に合わせてバルトレックスを使用する量や期間を医者が指定して処方されます。

バルトレックスの処方

治りずらい部位や、早期に治してしまわなければならないヘルペスの場合には、500mgを1日2錠で、5日分まで処方する事ができます。

逆に言いますと、5日以上の処方はできないようになっています。

ヘルぺスは早期に治療を始める事で、軽い症状で治りますが、角膜ヘルペスなどの場合には症状の違いに関わらず5日分飲みきるのが一般的です。

ヘルペスは繰り返す事で、自分でヘルペスの症状が始まった事が分かるようになります。

そのような場面で早期にバルトレックス使用する事で軽くなりますから、早期にバルトレックスを服用するために事前に準備をしておくことが大切です。

医者にもよりますが、事前にバルトレックスを処方してくれる医者もいますが、簡単な方法としては通販を利用するのが、簡単で現実的です。

口唇ヘルペスの治療薬バルトレックス

バルトレックスは口唇ヘルペスや性器ヘルペスの特効薬として使用されています。

原因ウイルスの単純ヘルペスウイルスに対して、バルトレックスの成分パラシクロビルはウイルスのDNAを阻害して増殖させない働きがあります。

口唇ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス1型」、性器ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス2型」で、バルトレックスは両方のウイルスに効果があります。

水ぼうそうや帯状疱疹の原因ウイルス水痘・帯状疱疹ウイルスにも強い効果がありヘルペスに対しては万能薬です。

バルトレックス
バルトレックスの詳細

目次1 バルトレックスとは2 ヘルペス治療にバルトレックスが一般的3 バルトレックスを事前に用意して ...

続きを見る

バルトレックスの使い方

ヘルペスの内服薬に、バルトレックスとゾビラックスがありますが、ゾビラックスは昔のお薬で服用数が異常に多いため今では軟膏でしか使用されていません。

バルトレックスは効果が長続続きするので、1日の服用回数が2回と少なくてすむので今は服用薬と言えばバルトレックスになります。

口唇ヘルペスの最初の症状は重く、再発の症状が軽いのが特徴です。バルトレックスは特効薬になりますので早期服用で大事には至りません。

初めて発症した時には症状が重いので、塗り薬のゾビラックス軟膏と内服薬のバルトレックスの併用が効果があります。

再発の場合には、症状は酷くはならないのですが基本的にはバルトレックスを使用しる事でほとんど症状が出なくてすみます。

服用方法は、500mg1回2症を5日間服用する事で、ほとんどのヘルペス症状は改善します。

ヘルペスウイルスのその後

口唇ヘルペスウイルスは、症状が改善してもその後ウイルスは三叉神経にとどまって、いつまでも体の中に潜んでいます。

潜伏したウイルスは人の免疫力が低下しますと増殖して、再発症につながります。

口唇ヘルペスが再発する時は、睡眠不足や過労などが原因で免疫力が低下した時になりますので、再発しましたら体を欲休ませましょう。

再発時には皮膚にちりちりする感じが現れ水ぶくれになって瘡蓋で治っていくを繰り返します。

なるべく早い段階でバルトレックスを飲むことで、症状を改善させる事ができます。

バルトレックス

バルトレックスは基本的に副作用がほとんど無いお薬ですが、人によって下痢や吐き気が生じる場合があります。

バルトレックスの副作用で大腸炎を起こす人もいるので、下痢の症状がひどい場合は一旦服用を中止して医者に相談しましょう。

性器ヘルペスの再発が頻繁に起こる人は、500mgを1日1錠予防として使用する場合があります。

口唇ヘルペスでは再発防止にバルトレックスを服用すると言う事はあまりありませんが、再発の時期が分かっている人は予防的に使用する事で発症を防ぐ事ができます。

口唇ヘルペスは体調管理が一番大切でほとんどのケースではそれだけでヘルぺスの再発を減少させることができます。

ですが再発したときはできるだけ早くバルトレックスを服用する事をおすすめします。

-ゾビラックス軟膏, バルトレックス, ヘルペス, ヘルペス再発, 口唇ヘルペス
-, , , , ,

Copyright© ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ , 2020 All Rights Reserved.