口唇ヘルペスの軟膏の効果は?

ヘルペス治療に効果のある軟膏の使用方法

ヘルペスは早期に軟膏を使用すれば、口唇ヘルペスの水ぶくれが広がるのを抑えたり、ピリピリ感を抑えられる事ができます。

口唇ヘルペスには軟膏が便利

水泡ができてしまった場合には、ヘルペスの塗り薬は、1日4回を目安に唇の水ぶくれのところや赤いところへ塗ります。

1日3~5回、毎食後や就寝前などの塗りやすいタイミングに合わせて、塗布することをおすすめします。

よくなってくれば回数を少しずつ減らしても問題ありません。

いつまで口唇ヘルペスの塗り薬を使うかが悩ましいところですが、口唇ヘルペスの水ぶくれがかさぶたになるまで塗り続ければ十分です

※1日1回の塗布では食事などで薬が取れてしまい、十分な効果が得られない場合がありますので小まめな対応が必要です。

ゾビラックス
ゾビラックスは始めての抗ウイルス剤

ゾビラックスはアシクロビルを有効成分に含む「第一世代の抗ウイルス薬」です。 ヘルペスに対して効果の高 ...

ヘルペスの塗り薬の使用方法

ヘルペスの治療に使用される薬として、ゾビラックスクリームに代表される軟膏タイプの塗り薬もあります。

口から服用する経口内服薬や、点滴に入れる注射薬とは異なり、皮膚に直接塗るような外用薬と言われるタイプです。

ヘルペスは、ヘルペスウィルスに感染することによって発症する病気で、主に皮膚に発疹や水ぶくれの症状となって現れます。

皮膚疾患でもありますので、軽度の段階では軟膏タイプの抗ウィルス製剤を含んだ塗り薬が処方されることも少なくありません。

口唇ヘルペスの場合は、唇や口元の水ぶくれ程度なら抗ウィルス軟膏で十分に症状を軽快させることができます。

ただし、大人になってから初めてヘルペスウィルス感染して発症した場合は、重症化することもありますのでバルトレックスのようなヘルペス治療の内服薬が処方させることも多いようです。

再発の口唇ヘルペスで、なんとなく唇周辺に違和感を覚えたり、患部がムズムズしてきたような発症の前兆や初期段階で、ヘルペスウイルスに効く抗ウイルス軟膏などを塗っておくと、発症せずに抑え込むことかもできます。

ヘルペスウイルスの増殖を抑制する作用によって、発症しても症状が軽くて済むことも多いのでおすすめです。バルトレックスやゾビラックスなど服用薬と同時にヘルペス軟膏を塗っても問題ありません。

ヘルペス治療の軟膏は効き目がいい

ヘルペス治療としての抗ウイルス軟膏は、口唇ヘルペスの治療によく用いられ、水ぼうそうの発疹に使われることもあります。

性器ヘルペスに対しては、部位的な部分もありますが軟膏タイプの抗ウィルス薬を使うことは、ほとんどありません。

性器ヘルペスは服用薬が基本

外用薬と内服薬の併用は保険適用では無いというのもあり、性器ヘルペスの場合はバルトレックス、ゾビラックスなどヘルペス治療の内服薬での治療が一般的です。

外用の塗り薬では、目に見える皮膚表面の症状にしか効果が無いので、 尿道内、子宮腟部、肛門部、臀部など、目につかない部位にもウイルスがありますので、軟膏タイプの抗ウイルス薬だけでは意味がないと言えるでしょう。

性器ヘルペスは軟膏よりも飲み薬が効果あり

「性器ヘルペスには外用薬を使うな!」と強く主張している医師もいるくらいです。性器ヘルペスは男女ともに感染者が多く、ピンポン感染でどんどん感染が増えますが、最も効果的で短期間で治療できるお薬がバルトレックスです。

性器ヘルペスは皮膚・粘膜症状の病気がメインではなく、神経のウイルス感染症なのです。

性器にウィルスが感染すると、神経を伝って腰仙髄神経節に潜伏感染(感染しても症状がでないケースもあります)します。

そして何らかのキッカケで仙髄神経節に潜伏感染(冬眠)していたウイルスが目覚めると、神経を伝わって皮膚・粘膜で性器ヘルペスとして発症するのです。

性器ヘルペスは内部で起こる

性器ヘルペスの場合は、性器周辺のリンパや神経にまでヘルペスウィルスは及んでいますので、皮膚表面の症状だけを治療してもメリットが少ないということのです。

塗り薬では、下着や衣類、排泄時の処理などで有効成分が薄れてしまいやすいというのもありますね。

性器ヘルペスの場合は、内服治療を選択するのが良いでしょう。

ヘルペス治療の市販薬ってどうなの?

従来は医師の処方が無ければ、ヘルペス治療のための抗ウィルス軟膏も入手できませんでしたが、最近は市販もされるようになっています。

ただし、ドラッグストア等で購入できる市販の抗ウィルス軟膏は、過去に医療機関で口唇ヘルペスと診断されたことがあり、同じ症状での再発時のみに使用が許可されている「再発治療薬」です。

大人になってから始めて口唇ヘルペスを発症した場合は、重篤化の恐れもあり、あるいは別の病気の可能性のあるために、使用することはできません。

店頭に行っても購入できないこともありますので、お気を付けください。

バルトレックスやゾビラックスなどヘルペス治療に皮膚科や性病科の先生が処方するお薬は薬局では買えませんので、病院か個人輸入の通販で入手します。

ヘルペスには、すぐに使用できる様に薬は事前に準備が肝心

口唇ヘルペスの再発を繰り返している人は、日々の体調管理での予防も含めて、市販の抗ウィルス軟膏を常備しておくことをおすすめします。

違和感やムズムズ感などの前兆があったら、すぐに塗るようにして、発症を食い止めるのが良いでしょう。

カバンや自宅にゾビラックス軟膏を置いておくと、口唇ヘルペスの予兆を感じたらすぐに塗れば予防できます。

特に深夜の食事、沢山飲み食いした翌日に口唇ヘルペスの予兆が現れやすいのですが、胃腸の調子がヘルペスの再発を呼ぶとされているからです。

そんな時は早めのヘルペス軟膏で予防するのが理想です。

-ゾビラックス軟膏, 口唇ヘルペス
-,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ