寝不足もヘルペスには大敵

ストレスを受けて体の調子が悪くなる一つに寝不足があります。

ストレスで起こる寝不足が続きますとやる気が無くなり鬱状態になるケースがあります。

ストレスによる寝れない状態はどうする事もできません。

目を閉じても寝むりに入るのは至難の業です。

このような状態では、睡眠薬を上手に使用すると何とが過ごせるようになります。

寝不足を解消する事で同時にストレスも解消されますので、このようなケースでは睡眠薬を積極的に利用しましょう。

内科ではなかなか睡眠薬は処方してくれませんが、精神科に行きますと比較的簡単に処方してくれますのでそちらを使用してみてください。(*^_^*)

免疫力を高める
免疫力とヘルぺス

ヘルペスに関わらず、免疫力の低下は体にいろんな問題を引き起こします。 年を取って死亡する原因はありふ ...

寝不足がヘルペスに与える影響

ストレスなどによる寝不足で、口唇ヘルペスが再発する人がたくさんいます。

ヘルペスウィルスは一度感染すると体の中に隠れひっそりと息をひそめていますが、一旦体調が悪くなると活動をはじめます。

寝不足で免疫力が落ちることによって、口唇ヘルペスが再発します。

性器ヘルペスも寝不足が原因で再発し、発症しやすくなります。

ヘルペスウィルスは体内の神経節に隠れて寄生するウイルスですの、生涯再発の可能性があります。

口唇ヘルペス「単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)」は、多くの日本人が家庭内で感染しており特に60代以上の大人はかなりの確率で感染しています。

そのため多くの日本人は知らない内にヘルペスには感染しています。(おそらく99%はヘルペスに感染しています。)

体が健康で元気なときは、ヘルペスウィルスは潜んでいますが、身体疲れていたり、免疫力が無くなると、一気に活動を活発化させて猛威を振るうというタイプの厄介なウィルスです。

睡眠不足は、体力を保持する事できなくなり疲労がとれず過労状態になり抵抗力や免疫力が低下する大きな原因です。

違うタイプのヘルペスウイルスで起こる帯状疱疹も、疲労や寝不足による免疫力の低下によって、潜伏していたが水疱瘡のウイルスが再発し、発症します。

メラトニン

ストレスや多忙で寝不足になる状態では体の中で「睡眠ホルモン」のメラトニンの分泌量が低下しています。

メラトニンとは脳内で分泌されて眠気を誘うホルモンです。ストレスや加齢などでこのホルモンの分泌量が減りますと不眠や睡眠障害の原因になります。

サプリメントなどでメラトニンを補充することもできますので試してみて下さい。

メラトニンは一部の人の間では、快眠サプリメントとして愛用されています。

寝る間を惜しんで勉強をしている受験生は、体調が崩れる場合が多く口唇ヘルペスを発症しやすいですく風邪やストレス、食生活の乱れなどもヘルぺス再発の原因になります。

女性の場合は、生理の前後などホルモンのバランスが乱れたり安い時期にヘルペスが再発したりします。ニキビなどのこの時期には出やすくなりますので、ヘルペスとの見分けが難しい事がありますので、怪しいと思ったらとりあえずバルトレックスを服用するか、軟膏を使用しておきましょう。

睡眠不足はいろんな病気の引き金になりますので、眠れない時には無理をせず医者に相談して治療をする事をおすすめします。

精神科の医者は、寝不足になるより睡眠薬で良く寝た方が体には良いと言う人もいます。(未成年はこの範囲ではありません。)

-バルトレックス, ヘルペス再発, 免疫力
-, ,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ