帯状疱疹は強い痛みのある皮膚病

年を取って、免疫力が落ちた時に突然出てくるのが子供の頃に感染した水疱瘡のヘルペスウイルスが神経に添って炎症を起こす帯状疱疹が出る人がいます。

帯状疱疹はとても痛みを伴うヘルペス皮膚炎ですので、大変です。

帯状疱疹について

帯状疱疹は、子供の時に水疱瘡などの原因となるヘルペスウイルスによって神経に添って起こる強い痛みを伴う皮膚病です。

大抵の人は子供の頃にこのヘルペスウイルスに感染し、水疱瘡を発症し体中に湿疹ができて大変な思いをします。

一般的に水疱瘡は2週間ぐらいで治り始めてかさぶたなどが取れて完治します。

この水疱瘡を起こすヘルペスウイルス(帯状疱疹ウイルス)は子供の頃に一度感染しますと症状は治るのですが、神経節に潜んでいつまでも生きています。

健康な時はこのウイルスを持っていても全く問題が無いのですが、風邪などひいたり、ストレスなどで免疫力が低下しますと神経節から神経を伝わって皮膚に痛い炎症を起こします。

神経に添って皮膚の炎症を起こしますので、炎症した部分が帯状になる事から帯状疱疹と呼ばれています。

神経と皮膚の間でヘルペスウイルスが炎症を起こしますので、神経痛を伴う赤い斑点が皮膚に発疹してきます。

前駆症状として帯状疱疹は、何となくヒリヒリした痛みを感じる場合があります。このサインを見逃さないようにすれば早期に治療を開始する事ができますが、まず帯状疱疹だと思う人はだれもいませんので実際には後になって前駆症状だった事に気が付きます。

一番多い症状は胸から背中、腹部などに症状がでる場合が多く、稀に顔や手足での発症する事もあります。

帯状疱疹の経過

ヒリヒリした症状と同時に軽い発熱とリンパ節の腫れなどがでてきます。

基本的には口唇ヘルペスなどと同じで、最初は赤い斑点が出て、次第に水ぶくれになって瘡蓋になってきます。

帯状疱疹の一番の違いは、神経に添って炎症を起こしますので、症状が治るまで痛みが引きませんから厄介な皮膚病です。

帯状疱疹も他のヘルペスと同様に早期に治療を始める事で軽傷で治す事ができますが、帯状疱疹と気が付かない場合が多く、重症化して炎症が悪化し治癒後も神経痛だけがいつまでも残り大変です。

この神経痛を「帯状疱疹後神経痛」といって神経自体が壊されていますのでなかなか治りません。

帯状疱疹顔

一度帯状疱疹を経験した方は二度と発症しないと言うのがこれまでの定説でしたが、高齢化も進んで再発をする人も増えています。

一番怖いのは顔に帯状疱疹が出た時です。

見た目が悪く、場所によっては失明してしまう事もありますので悪化させないようにしましょう。

帯状疱疹
厄介な帯状疱疹

帯状疱疹は、子供の頃の水疱瘡のヘルペスウイルス菌が体の中に潜伏していて、免疫力が落ちた時になる皮膚病 ...

-ヘルペス治療, ヘルペス症状, 帯状疱疹
-, ,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ