まぶたのヘルペスとものもらい

まぶたのヘルペスとものもらいの区別

最初にものもらい(メバチコ)の事を詳しく知りましょう!

ものもらい

ものもらいは2種類に分別できます。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

一般的なものもらいで一番多い症状になります。

まぶたに菌が感染して膿が溜まって腫れます。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

まぶたの淵に脂肪が溜まってできるいぼ状の塊です。

ほとんど自然に無くなりますが、いぼになる場合もあります。

治療としては、外科的に取り去る事になります。

更に麦粒腫は部位によって2種類に分別できます。

外麦粒腫

まぶたの外側にあり、ほとんど違和感は感じません

一般的にはこちらは多いです。

内麦粒腫

まぶたの内側に出来、痛みを感じますので結膜炎の原因にもなります。

原因菌は、何処にでもいる常在菌で(黄色ブドウ球菌等)で通常はそのままでも自然治癒します。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の治療方法

レーザーを使用して取るのですが、真下に角膜がありますので特赦な手術になり専門家の先生でないとできません。

まぶたに使用するレーザーが角膜に届かないようにまぶたの裏側にガードをしてからいぼだけをレーザーで取り除きます。

まぶたの部分は繊細な場所ですので、少しでも間違えてレーザーを照射しますと、まぶたが変形してしまったり逆さまつ毛を作ってしまう場合がありますので、専門医に施術してもらいましょう。

まぶたのヘルペスとものもらいの違いについて

まぶたのヘルペス

まぶたのヘルペスは「角膜ヘルペス」「眼瞼ヘルペス」などとも呼ばれ、瞼(まぶた)から角膜・眼球にいたる単純ヘルペス1型です。

まぶたに出来た水ぶくれなどから次第に腫れが出てきて、結膜炎になったりそのまま角膜ヘルペスになったりします。

まぶたのヘルペスはヘルペスウイルスのよる炎症です。

角膜ヘルぺsう
角膜ヘルペスの治療

目次1 角膜ヘルペスの治療1.1 角膜ヘルペスは診断が遅れる1.2 角膜ヘルペスの治療が遅れると2 ...

ものもらい

まぶたの上下にある皮脂腺に細菌が繁殖して炎症の起こる病気で、まつ毛のあたりが腫れてきて膿を持つようになります。

まばたきしますと、違和感がありますので常に気になってしまいます。

麦粒腫(ものもらい)は、常在菌で起こる炎症で、汚い手などで目を擦る事で最近が入って炎症を起こしたものです。

一般的には市販の抗菌目薬などでも治りますが、化膿が進んで酷い場合には眼医者で切開して膿を出す必要があります。

麦粒腫(ものもらい)を繰り返す人は、抵抗力が落ちていますので健康面でも注意してください。

 


 

 

初期症状は、目のヘルペスと麦粒腫(ものもらい)の区別は難しく、目医師でも麦粒腫(ものもらい)と誤診してステロイド入り点眼薬を処方しなかなか治らないので、気が付いたらヘルペスが悪化して急に水泡出てくる様なケースもあります。

通常のものもらい用の目薬にはステロイドが入っているます。ですがステロイドは人の防御反応を抑制する効果がありますので、ヘルペスだった場合には余計に酷くなってしまいますから注意しましょう。

眼医者ではヘルペスを見慣れていない先生が多いので、なかなか治らない場合にはヘルペスを疑ってみましょう!

-ヘルペス, ヘルペスまぶた, ヘルペス症状
-, ,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ