膣トリコモナス症

腟トリコモナス症

トリコモナス膣炎とは、トリコモナスという0.1mmぐらい大きさの原虫が寄生する事で起こる性病です。

性交渉でも移される事がありあすが、タオルや便座、などに原虫が付いていて感染するケースもあります。

ですので、性病といっても他人から原虫を貰う事もありますので、注意が必要です。

多くの人が使用する公共の便器を使用する時は、注意して綺麗にしてから使用しましょう。

トリコモナス膣炎になりますと、猛烈な陰部や膣のかゆみに襲われ、泡状の強烈なにおいのするおりものが出てきます。

このような症状が出てきますで、発症しますとその異常さに泌尿器科に行きますので治療されるのですが、40%ぐらいの方が無症状という場合があります。

このケースの方は、症状が出ませんのでトリコモナスは膣の深くまで侵入して、卵管で炎症をする事があります。

場合によっては、不妊の原因になってしまいます。

治療はフラジール錠250mgなどを使用して、原虫を殺してしまうのですが最近ではこの薬に耐性を持っている原虫が存在しますので、治療が困難になってきます。

またご自身がトリコモナスに感染している事が分かっている場合には必ずパートナーにもその事を伝えて、お互いに治す事が大切です。

トリコモナスは厄介な原虫で、一旦治療ができたと思っても再発する事が多く長い時間をかけて治療をしていく事を覚悟してなければいけません。

クラミジア
性器クラミジア

性器クラミジアは尖圭コンジローマ、淋病、性器ヘルペスと並んで、もっとも多い性病(STD)として認識さ ...

-性器に症状の出る性病
-,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ