バルトレックスの詳細

バルトレックスとは

バルトレックスが効果のある症状

  • 単純疱疹
  • 造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制
  • 帯状疱疹
  • 水痘
  • 性器ヘルペスの再発抑制

バルトレックス使用上の注意
バルトレックス使用によりセックスパートナーへの感染を抑制することができますが、念のためにコンドームを使用しする事が望ましい。

使用方法と容量

成人の場合

単純疱疹:
成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。
造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:
成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。
帯状疱疹:
成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。
水痘:
成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。
性器ヘルペスの再発防止:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。なお、HIV感染症の患者(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。

子供の場合

単純疱疹:
体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。
造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:
体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。
帯状疱疹:
体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。
水痘:
体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。
性器ヘルペスの再発抑制:
体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。なお、HIV感染症の患者(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。

ヘルペス治療にバルトレックスが一般的

ヘルペスは、ヘルペスウィルスというウィルスによって感染し、発症します。ヘルペスの治療には、バルトレックス、ゾビラックスと言った抗ウィルス薬剤を使用します。

菌では無く、ウィルスなので抗生物質は効きません。

風邪は風邪菌なので抗生物質が効きますが、インフルエンザはインフルエンザウイルスなのて抗生物質が効かないのと同様ですね。

ヘルペスウィルスは潜伏感染ウィルスなので、体内から完全に排除したり、死滅させることはできませんが、ヘルペスウィルスを抑制するための薬剤を使います。

単純ヘルペス(単純疱疹)や帯状疱疹、水ぼうそう(水痘)などの治療に処方されます。

薬理的には、ウイルスが感染した細胞内で活性化して、ウイルスDNA鎖の伸長を停止し、ウイルスDNAの複製を阻害するとされています。

つまり、ヘルペスが発症したときに、ヘルペスウィルスはDNAを悪性して増殖するのですが、その増殖を邪魔して抑えるための薬です。

ウィルスを死滅されることはできませんが、症状の悪化を抑制して、少しでも軽くすむように、重症化しないようにできるということです。

子供の頃にかかった水ぼうそうでは、特別な治療もせず、2週間程度の自宅待機で学校を休んだだけという経験を持つ50代以上の人もいるでしょう。

ただ、最近では痒みを軽くするための塗り薬や内服薬が処方されたり、成人した後の水ぼうそうで重篤化した場合は入院点滴治療というケースもあります。

医療の進化のおかげで、痒みを我慢しなくても済むようになったり、悪化させないで症状を軽減することができるようになりました。

バルトレックスを事前に用意しておくには?

「バルトレックス」は、ヘルペスの症状改善に関して有効な薬ですが、非常に高価な薬でもあります。

病院で処方されますが、個人輸入でもバルトレックスを通販購入でき、まとめ買い割引が適用されるため、最近では個人輸入でバルトレックスをまとめて購入して自宅に常備する方も増えています。

ヘルペスの再発を繰り返す場合は、常備しておきたい薬ですが副作用もありますし、医療機関では予備を処方して貰うことはできません。その点、個人輸入ではまとめ買いが可能でバルトレックスを安く購入できるメリットがあります。

例えば、口唇ヘルペスの場合は保険診療での処方は5日分となりますし、症状が悪化した場合などは再度受診して処方して貰う必要があります。

症状が警戒してもキチンと5日分の飲み切るように指示されます。

次回に再発した時のために、予備として少し残しておきたい気持ちは理解できますが、途中で中断すると症状がぶり返したり、再発しやすくなります。

バルトレックスの副作用を詳しく知りたい!

「バルトレックス」の副作用としては、頭痛、吐き気、下痢、腹痛などとともに、腎臓への負担があります。

腎臓の悪い人、高齢の人などは、薬剤の排泄が遅れがちになりますので、投与の間隔を開けたりいるなど慎重な処方が必要です。

重い副作用は滅多にみられませんが、薬剤の排泄が悪く過量投与の状態になると、意識障害が起きたり、精神に変調をきたす場合もあります。

車の運転や、危険を伴うような機器の操作、高所での作業などのさいは、十分な注意が必要となります。

ただし、性器ヘルペスは性感染症であり、性病です。
自分だけでなく性交渉によりパートナーへも感染を広げてしまいますし、自分に症状が無いときにも相手に感染させることもあります。

性器ヘルペスの再発防止にバルトレックスが効きます

性器ヘルペスの再発抑制療法として、「バルトレックス」の服用を長期的に行う治療もあります。

再発抑制療法は、患者本人の再発を抑えることとともに、パートナーへの感染の確率を下げるというデータがあるのです。

おおむね年に6回以上、性器ヘルペスを頻回に再発するような方を対象としていていますが、長期服用になるので腎臓への負担もあり、医師との治療連携が必要です。

初期段階の口唇ヘルペスの場合は、ゾビラックスクリームのような軟膏タイプの抗ウィルス剤も有効に作用しますが、性器ヘルペスの場合は場所的に内服薬での治療が一般的です。

帯状疱疹の場合は外来での内服治療だけでなく、重症化した場合は入院での点滴治療なども実施されます。

性器ヘルペス
性器ヘルペスとは

目次1 性器ヘルペスはどんな気なの?1.1 性器ヘルペス1.2 ヘルペスウイルスとは?1.2.1 性 ...

-バルトレックス, バルトレックス副作用
-,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ