ゾビラックスは始めての抗ウイルス剤

ゾビラックスはアシクロビルを有効成分に含む「第一世代の抗ウイルス薬」です。

ヘルペスに対して効果の高い抗ウイルス剤で、この成分のアシクロビンの発見のおかげでそれまでなかなか治らな方ヘルペスの病気が治るようになりました。

ゾビラックスは多くのヘルペス菌に効果があり、量を多く使用する事で効果が強くなります。

通常、1日4~5錠服用をします。

ゾビラックスはいいお薬ですが、この服用回数が面倒です。

ゾビラックスには内服薬(飲み薬)と点滴、さらに外用薬(塗り薬)があります。

塗り薬に関しては、ドラッグストアーでも購入可能です。口唇ヘルペスなどはちょっと口の回りに塗るのには便利です。

効果を簡単に求めたいのでしたら、やはり服用薬を使用するのが効果的です。

抗ウイルス剤は早期に使用するほど効果がありますので、常備しておくことが大切です。

一日に複数錠服用しなければいけませんので、よく回数を間違えないように使用しませんと副作用が出てきてしまいます。

一応、副作用の少ない薬として知られてますが、用法・用量を誤ると、「鼻づまり」「吐き気」「めまい」「だるさ」「動悸」「下痢」などの症状が出てきてしまいます。

ゾビラックスにはジェネリックも発売されていますので、海外などから購入する事でお安い価格での購入が可能です。

ヘルペス治療薬のゾビラックスの効果と使用方法

ヘルペス治療薬「ゾビラックス(アシクロビル)」は、「バルトレックス」と同じグラクソスミスクライン社の商品の薬剤です。

もともと「ゾビラックス(アシクロビル)」が長くヘルペス治療薬として、内服薬・外用薬・点滴薬剤として使用されていました。

そのゾビラックスの改良薬として開発されたのがバルトレックスです。

抗ウィルス薬の「ゾビラックス」は、アシクロビルを主成分とし、単純疱疹(口唇ヘルペスや性器ヘルペス)、帯状疱疹、水ぼうそう(水痘)の治療薬として用いられています。

ヘルペスウイルスの増殖を抑え、症状の悪化を防ぐ効果があり、内服薬として処方されるだけでなく、部位や症状に応じてゾビラックス軟膏や点滴治療を使い分けることができる薬剤です。

ヘルペスウィルスの少ない初期段階で使用開始すれば、患部症状を悪化させずに済みますし、早期にて治すことが可能です。

ヘルペス薬ゾビラックスには種類があります

外用薬「ゾビラックス軟膏」

主に、口唇ヘルペスの治療薬として使用されます。

内服薬「ゾビラックス錠」

主に、性器ヘルペスや帯状疱疹や水ぼうそう(水痘)の治療薬として使用されます。

広範囲に広がった口唇ヘルペスや、顔面ヘルペスなどに処方される場合もあります。

点滴静注

主に、免疫不全等があり重症化した場合に行われる治療方法です。

ゾビラックスの内服薬を服用する場合、成人で1日5回とされています。

朝食後、昼食後、午後4時頃、夕食後、就寝前 として、およそ4時間おきということになります。

ゾビラックスの成分は、体内に吸収された後の分解が早く、有効血中濃度が5時間ほどしか維持できないためです。

分解排出が早いということは、副作用も少ないというメリットがありますが、服用頻度も細かいので飲み忘れもあり得ますね。

最新のヘルペス治療薬がバルトレックス

ゾビラックスの欠点を補うために開発されたのが、1日2~3回の服用で有効に作用する「バルトレックス」です

バルトレックスは非常に単価の高い薬ですが、ゾビラックスはバルトレックスと比較すると、1錠あたりの単価も安く、1日量として考えてもリーズナブルなのです。

ゾビラックスクリームの塗り薬などの外用軟膏があるのも、ゾビラックスの便利な部分ですね。

特に口唇ヘルペスなどの場合、再発の初期段階(ムズムズ感のレベル)で塗っておくと発症させずに抑えることもできます。

内服薬は処方された日数分、キッチリと飲み終わらせる必要がありますが(中途で止めると、症状のぶり返しや悪化があります)、外用薬は使用範囲によっては使い切らずに残りますので、再発時のために保管しておくこともできますね。

ゾビラックスには、体質によっては胃腸症状(下痢)や頭痛、吐き気、めまい、発疹などの副作用症状が現れることもあります。

腎臓が悪い方や高齢の方、急性腎不全や意識障害、アナフィラキシー、皮下出血、痙攣(けいれん)などの重い副作用もまれにあるとされています。

テオドールなどの喘息の薬、プロベネシドなどの痛風薬や、免疫抑制薬などとの飲み合わせにも注意が必要です。

バルトレックス
バルトレックスの詳細

目次1 バルトレックスとは2 ヘルペス治療にバルトレックスが一般的3 バルトレックスを事前に用意して ...

バルトレックスのジェネリックを利用しよう!

バルトレックスは非常に1錠が大きい薬ですので、子供やお年寄りは注意して服用しませんとのどに詰まらせてしまいますので危険です。

バルトレックスなどの大き目の薬を服用する時は、市販のゼリーなどと一緒に服用しますと安全です。

最近では、ドラッグストアーに行きますと薬用のゼリーが発売になていますので便利です。

通常、バルトレックスは1日2錠のみで3日ほど続けて服用するのが一般的です。

5日服用する場合は、角膜ヘルペスや性器ヘルペスなど完全に治してしまわないとダメな時です。

バルトレックスは早期に服用する事で、強い効果を発揮しますのでヘルペスが慢性的に発症してしまう場合は、常に手元に用意しておく事をおすすめします。

バルトレックスはジェネリックも発売になっていますので、ジェネリックを必ず指定して購入してください。

効果は同じで値段は半分ですので、知らないと損をしてしまいます。

ゾラビックスの副作用は何があるの?

ゾラビックスはヘルペスウイルスを殺すくすりではありません。

ヘルペスウイルスの増殖を抑える事が主な効果になります、ですのでヘルペスが増殖してしまってから服用しても全く効果は期待できません。

あくまでも、ヘルペスの初期に使用する事が必要です。

現在、ヘルペスのお薬にはいろんな種類がでていますが、ゾラビックスは非常に古い種類に入っていて、効果時間も短いため、一日に何回も服用しなければいけません。

ゾビラックスの特徴

  • 発症初期に飲まないと高い効果は得られない
  • 作用時間が短く、1日に何回も服用しないといけない
  • HSV1、HSV2、VZVの増殖を抑える抗ウイルス薬である
  • ウイルスを殺すのではなく、増殖を抑える作用を持つ

ヘルぺスウイルスにはいろんな種類がありますが、ゾラビックスはどのヘルペスにも効果があるわけではありません。

ゾラビックスが効果のあるヘルペスは下記になります。

  • 単純へルペスウイルスⅠ型(HSV1):口唇ヘルペス、角膜ヘルペス
  • 単純ヘルペスウイルスⅡ型(HSV2):陰部ヘルペス
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV):水痘・帯状疱疹

ゾラビックスは効果がある分副作用が気になりますが、比較的安全なおくすりでどのヘルペスで使用しても副作用が出る確率は約1%ほどになります。

通常1%の副作用は稀という感覚で、普段食べている食物にも1%ぐらい合わない人がいますので、その程度の確率になります。

副作用としては、腹痛、下痢、嘔吐などの消化器系の副作用が報告されています。

またゾラビックスを使用した時の検査値の異常値として下記があります。

  • TG(中性脂肪)上昇
  • 肝機能酵素(AST、ALT、LDH)上昇
  • BUN上昇
  • 好酸球増多

-ゾビラックス, バルトレックス
-,

© 2020 ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ