ヘルペスとは一般的に「単純疱疹(たんじゅんほうしん)」と「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」の2つの事を意味します。

ヘルペスにはいろんな種類があり実際には下記のような分類になっています。

ヘルペス菌ヘルペスは子供の時に水疱瘡に掛かって、体中に湿疹や水ぶくれができて、治療後次第に快方に向かっていきます。

この時点で人は体の中で抗体を作りますので、一度ヘルぺスを発症しますと再発は無いのがこれまでの一般的に考え方でした。

ですが、大人になり免疫力が落ちてきますと、いろんな部位で障害を引き起こします。

ヘルペスは常在菌で、人間の体からまったく無くす事は今の医学ではできません。

将来、ヘルペス菌を体から完全になくす事ができるようになれば、人はヘルペスで苦しむ事は全くなくなります。

ウイルスの種類 主な病気
単純ヘルペスウイルス1型 口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、カポジ水痘様発疹症、角膜ヘルペスなど
単純ヘルペスウイルス2型 性器ヘルペスなど
水痘・帯状疱疹ウイルス 水ぼうそう、帯状疱疹
エプスタイン・バーウイルス 伝染性単核症
サイトメガロウイルス 肺炎、網膜炎
ヒトヘルペスウイルス6 突発性発疹、脳炎など
ヒトヘルペスウイルス7 突発性発疹
ヒトヘルペスウイルス8 カポジ肉腫

※本田まりこ「帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本」参照

単純ヘルペスってどんな病気なの?

単純ヘルペスとは、常に体の中にいる菌が何かの拍子で暴れだす皮膚の病気になります。単純ヘルペスはウイルスで水ぶくれや発疹などの症状を皮膚に出します。

単純ヘルペスには、1型と2型が存在しています。

1型ヘルペス一般的に1型のヘルペスは上半身を中心に特に口のまわりで発症するケースが多いものです。
2型は下半身にできるタイプのウイルスです。

口のまわりにできるヘルペスを口唇へルぺスと呼び、性器のあたりにできるヘルペスを性器ヘルペスと呼んで区別をしています。

どちらのタイプも単純ヘルペスの中では一般的で多くの場合がどちらかのタイプに入ってきます。

 

ヘルペスは体から消えない単純ヘルペスは感染力が強く、一旦感染しますと症状を出し、その後治ったとしても神経節に住み着いて人の体からヘルペス菌を消す事は今の医学ではできません。

そのため免疫力が低下した場合に再発する事が多く厄介な皮膚病です。

単純ヘルペスは体から無くす事ができませんので、再発した場合には速やかに治療をする事で症状を悪化させないようにする必要があります。

また普段から体調を整えて、再発を予防するようにしましょう。
感染力の高いウイルスですので、他の人に移さないように注意をしておきましょう。

単純ヘルペスの特徴と症状

単純ヘルペスに最初に感染した時の症状は一般的に激しい症状が出て、多くの発疹や熱うを出すことがあります。

ですが、感染しても全く症状の出ない人もいますので症状が無いから感染していないとは言えません。

単純ヘルペスは感染力の高いウイルスで、ヘルペスを発症している人のタオルなどを使用しただけで感染してしまいます。

また、抵抗力が落ちていたり体に傷などある場合には感染しやすくなりますので注意をしておきましょう。

また再発のきっかけとなるものに、風邪・性交渉・ストレス・寝不足などがありますので、再発防止のためにも普段から健康な体でいる事を心がけましょう。

ヘルペス脂肪の構造
ヘルペスウイルスの構造と再発の仕組み

ヘルペスウイルスの構造は、エンベロープ、カプシドという2つの殻に包まれています。 また内部には独自の ...

続きを見る

帯状疱疹は痛くてたいへん

帯状疱疹ヘルペスウイルスは体内の神経節で長い間潜伏し、ストレスや不眠などで免疫が低下した時に神経に添って「帯状疱疹」として皮膚病を発症します。

帯状疱疹ウイルスは、体の片側にブロック状、又は帯状に赤のブツブツが出てきてその度小さな水泡になって発症をします。

ほとんどが神経に添った部分に発病して、激しい痛みとなかなか治らない症状が特徴です。

見える部分に帯状疱疹が発症しますと、比較的早期に分かるのですが、体の見えに部分に出てきますと、痛みみだけ感じますので、できものが出たぐらいに思い治療が遅れます。

髪の毛の中にに帯状疱疹が発疹するケースでは、激しい頭痛という感覚しかなく、頭皮に大きな湿疹が出てきてから初めて帯状疱疹と気が付く場合もあります。

帯状疱疹
帯状疱疹は強い痛みのある皮膚病

年を取って、免疫力が落ちた時に突然出てくるのが子供の頃に感染した水疱瘡のヘルペスウイルスが神経に添っ ...

続きを見る

帯状疱疹は体のどの部分にも出てきますので、早期発見できる様気を付けましょう。

帯状疱疹は何かが原因で免疫力が落ちた時に、体の神経節に潜伏していたヘルペスウィルスが暴れ始める皮膚病です。

子供や若年層にはほとんど帯状疱疹は出ません。

大体が中年以降の方が発症すケースがほとんどになっています。

通常はバルトレックスを服用する事で、5日ぐらいで回復に向かいます。

帯状疱疹は数週間~1カ月程で治癒してきます。

ですが治療が遅れた場合には、帯状疱疹治癒後に神経痛だけ残ってなかなか治りが悪く大変な思いをする方もいます。

帯状疱疹
厄介な帯状疱疹

帯状疱疹は、子供の頃の水疱瘡のヘルペスウイルス菌が体の中に潜伏していて、免疫力が落ちた時になる皮膚病 ...

続きを見る

感染症のヘルペスにはどんな種類があるの?

ヘルペスとは、子供の時に感染する水疱瘡の原因菌のヘルペスウィルスによる感染症で、皮膚に発信や水ぶくれのできる皮膚病です。

一般的に子供の時に、水疱瘡として感染する場合が多く、その後治ってもヘルペスウイルスは神経節に潜んでそのまま生きています。

人に感染する「ヘルペスウィルス」には、下記の8種類があります。

  1. 単純ヘルペスウイルス1型:口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、カポジ水痘様発疹症、角膜ヘルペス
  2. 単純ヘルペスウイルス2型:性器ヘルペス
  3. 水痘・帯状疱疹ウイルス:水ぼうそう、帯状疱疹
  4. エプスタイン・バーウイルス:伝染性単核症
  5. サイトメガロウイルス:肺炎、網膜炎
  6. ヒトヘルペスウイルス:突発性発疹、脳炎
  7. ヒトヘルペスウイルス:突発性発疹
  8. ヒトヘルペスウイルス:カポジ肉腫

この中で特によく知られているヘルペスは、水痘・帯状疱疹ウイルスの「水ぼうそう」「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」です。

単純ヘルペスウィルス1型は上半身にできる「口唇ヘルペス」といい、単純ヘルペスウイルス2型は下半身にできる「性器ヘルペス」といいます。

大人になって出てくるヘルペスといいますと、唇の淵にできる口唇ヘルペスと性器部分にできる性器ヘルペスがあります。

最近ではオーラルセックスなどが原因で口に性器ヘルペスが出てくる場合もあります。
ドちらのヘルペスもバルトレックスの服用薬が良く効きますので、早期に服用を始めましょう!!!

バルトレックス
バルトレックスの詳細

目次1 バルトレックスとは2 ヘルペス治療にバルトレックスが一般的3 バルトレックスを事前に用意して ...

続きを見る

口唇ヘルペスはヘルペスの中でも最も一般的なヘルペス

口唇ヘルペスは、口元にできる水ぶくれが特徴のヘルペスです。

口唇ヘルペスストレスなどで体調を崩したり寝不足などが続きますと、唇や口元に現れる水ぶくれが特徴的で、再発を繰り返すことが多い皮膚病です。

口唇ヘルペスは繰り返す事の多い皮膚病ですので、何もしなくても2週間程で治ってしまうケースがありますが、できればバルトレックスなどでしっかりと治療する事をおすすめします。。

早期に治療をしますと、重篤な症状になる前に治癒する事ができますので、2週間も我慢しなくて済みます。

ヘルペスは、ウイルスで菌と違い非常に小さいのが特徴です。

口唇ヘルペス
口唇ヘルペスの詳細

ヘルペスにはいろんなタイプがあります。 その中でも最も一般的なヘルペスが上半身に出てくる単純ヘルペス ...

続きを見る

人に感染するヘルペスは8種類あります。

その中で口唇ヘルペスは、単純ヘルペスⅠ型ウイルスになります。

単純ヘルペスウィルスは子供の時に水疱瘡として発症し、消える事無く神経節に潜伏しています。

ストレスや、過労、抗生物質の使用などで体の免疫力が落ちた時に、神経節から出てきて皮膚病を作ります。

最初は口内炎や口角炎と思っている人がいますが、ヘルペスウイルスが原因の皮膚病になりまうす。

紫外線などが原因で口唇ヘルペスが出てくる事もありますので、夏休みの旅行は要注意です。

最初は、唇や口元周辺がひりひりと赤くなり、その後水ぶくれが出てきます。

ヘルペスの治療には、バルトレックスの服用やゾビラックス軟膏が特効薬になります。

水ぶくれはやがて、潰れてかさぶたになってしばらくしますと、瘡蓋が取れて治ってきます。

自然治癒する事が多いのですが、早期にバルトレックスで治療を初める事で、早く治す事ができます。

多くの日本人が口唇ヘルペスを持っていて、比較的良く見る症状です。

バルトレックスを使用しますと症状が進む前に治癒しますので、常時バルトレックスを持っている事をおすすめします。

バルトレックスは通販で簡単に購入する事ができます。

通販
バルトレックス通販

通販でバルトレックスを購入してみました。 私が使用した通販会社は、「くすりエクスプレス」さんです。 ...

続きを見る

口唇ヘルペス、性器ヘルペスは再発を繰り返す

一般的に水ぼうそうや帯状疱疹は、1度経験しますと再発しないと言われていますが、最近では帯状疱疹を再発する人が増えています。

単純ヘルペス原因の口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどは、特に再発しやすい症状になります。

口唇ヘルペスは、同じような時期になりますと再発する事が多く、再発する人の多くが毎年繰り返して再発を続けます。

水ぶくれが破れた時の多くのヘルペスウイルスが外に出てきますので、注意して他の人に移さないようにしましょう。

性器ヘルペスも、口唇ヘルペスと同じで性器の周辺に出てくる皮膚病です。

性器ヘルペス
性器ヘルペスとは

目次1 性器ヘルペスはどんな気なの?1.1 性器ヘルペス1.2 ヘルペスウイルスとは?1.2.1 性 ...

続きを見る

ヘルペスは女性の発症が多い

男性に比べますと、女性が発症するケースが多く膣の中などでは見えないので発見すずらい厄介な病気です。

オーラルセックスなどからピンポン感染するケースが多く、パートナーと一緒に治しませんと治りません。

ですが、実際はヘルペスウイルスは治っていなくなったのではなく、神経節に戻っただけですので、注意しておきましょう。

性器ヘルペス治療
性器ヘルペスの治療法

目次1 性器ヘルペスの正体2 性器ヘルペスの治療法について2.1 性器ヘルペスの治療2.2 性器ヘル ...

続きを見る

口唇ヘルペスの感染の経路について

口唇ヘルペスは水ぶくれが破れた時に多くのヘルペスウイルスを外に出しますので、破れて出てきたヘルペスウイルスをあちこちに付けてしまいますと、いろんな部分にヘルペスが発症してしまいますので注意しましょう。

基本的に接触感染ですので、そのウイルスを触ってしまいますと、感染してしまいます。

ヘルペスの感染経路口唇ヘルペスを手で触れたり、ディープキスしたりしますと完全に感染します。又コップの使い回しや、使用後のタオルの共有も間違えなく感染してしまいます。

特に水ぶくれが破れときは、大量のウイルスが外に出てきますので感染力が強い時期になります。

パートナーや家族に口唇ヘルペスの人がいますと、まず感染してしまう事は間違いありません。

ですが、感染しても必ず発症するわけではありませんので、心配はいりません。

怖いケースとして、子供の時に水疱瘡を経験した事の無い大人が増えていて、大人になってから水疱瘡をしますと子供の様に簡単には治らず重篤なケースになってしまう場合がありますので注意が必要です。

子供の頃に水疱瘡を経験したことの無い人は要注意です。

また、アトピーなどで初めから皮膚の弱い方は、ヘルペスが発症しますと問題が複雑になっていまします。

口唇ヘルペスは、家族やパートナーが感染しているケースでは、実際には感染を防ぐ事は困難です。

口唇ヘルペス
口唇ヘルペスの詳細

ヘルペスにはいろんなタイプがあります。 その中でも最も一般的なヘルペスが上半身に出てくる単純ヘルペス ...

続きを見る

性器ヘルペスってどんなヘルペスなの

性器ヘルペスとは、下半身を中心に性器や肛門、おしりなどに発疹や水ぶくれ、ただれが出来る皮膚病です。

性器ヘルペス

よくあるウイルス感染という意味で、「Genital Herpes」の頭文字から「GH」などとも呼ばれています。

最初は赤いブツブツした赤い発疹ができて、やがてスれが水ぶくれになり、水泡が破れて皮膚がただれ、強い痛みが出てきます。

女性の場合には初めて性器ヘルペスを発症した場合には、痛くて排尿ができないほどになる場合があります。

口の回りにできる口唇ヘルペスは単純ヘルペス1型ですが、性器ヘルペスは同じ単純ヘルペスでも2型になります。

性器ヘルペス
性器ヘルペスとは

目次1 性器ヘルペスはどんな気なの?1.1 性器ヘルペス1.2 ヘルペスウイルスとは?1.2.1 性 ...

続きを見る

上半身に出来るヘルペスを単純ヘルペス1型と呼んで、下半身にできるヘルペスを単純2型とくべるしていますが、最近ではどちらのタイプのヘルペスも全身でできてしまいます。

最近は若年層のオーラルセックスでい1型も2型もあちこちに感染します。

早期にバルトレックスなどで治療をする事で早く改善しますので、バルトレックスは常備でておきましょう。

男性の性器ヘルペス症状

男性器表面にヒリヒリ感やむずむず感がしてきます。

数日で、赤いブツブツした発疹が出てきます。

やがて水ぶくれになり、水泡が破れてますと強い痛みが出てきます。

場合によっては発熱を伴う場合もあり、更に太もものリンパ節が腫れて炎症をおこす場合もあります。

性器ヘルペスのできる場所は、亀頭及び陰部全体と肛門周囲に出てきます。

女性の性器ヘルペス症状

女性器を中心にに赤い小さなブツブツができます。

やがて水ぶくれが出て、それが破れて潰瘍になり、強い痛みがでてきます。

痛みのために排尿が困難になったり、排便にも苦労します。

太もものリンパ節が腫れてくる人もいます。

性器ヘルペスのできる場所は、外陰部、腟の入口、肛門周辺が多く、女性の方が治りが悪くなります。

膣内や尿道に感染する場合もありますので注意が必要です。

性行為によって感染するケースが多く、夫婦の場合には必ずどちらかが性器ヘルペスに感染していますと相手に感染させてしまいます。

ヘルペスの感染経路と年齢

性器ヘルペスはこれまでは男女とも20代後半の患者数が多かったのですが、性行為の低年齢化により若年層にも感染例が多くなっています。

性器へルぺスに感染しますと1週間ぐらいの間に症状が出ますが、感染しても何の症状も出ない人が多くいますので、それほど心配はいりません。

この場合にはどちらも感染していても自覚がありませんので、性器ヘルペスをお互いにもっていても何ら生活に支障はありません。

性器ヘルペスは男性よりも女性に問題がでる皮膚病ですので、女性の方はよく注意しておきましょう!!

性器ヘルペスは、性行為が無くてもお風呂場の椅子や脱衣所の椅子などを通して感染する事もあります。

特に、女性は椅子に座ろと性器がそのまま直接椅子についてしまいますので、温泉などに行ったときには椅子に座る前によく水洗いしてから座るようにしましょう。

性器ヘルペスは、完治する事は今の医学ではできません!!

症状が出てきたら早期に治療をする事が一番の方法です。

バルトレックスや、軟膏を常にすぐ使用できる状態でもっていましょう!!!

性器へルぺスの再発の抑制方法

性器へルぺスは、今までは単純ヘルペス2型(HSV-2)が原因とされていましたが最近では主に口唇に出る単純ヘルペス1型(HSV-1)も見られるようになって、どちらのタイプも性器ヘルペスの元になっています。

また、約80%の人が男女ともに1年以内の再発がみられます。

これはヘルペスの菌自体は体から無くす事はできないので、何等かの免疫力の低下で再発します。

今の医学では、ヘルペス菌を絶滅する方法がありません!!!

初めて性器へルぺスに感染した女性は、痛みや痒みが酷くて、歩く事も大変になってしまいます。

今は特効薬のバルトレックスがありますので、すぐに治療効果が出ますが、再発した場合には最初に比べて、症状が緩やかな事もあり気が付かない内に酷くなってしまう事があります。

性器ヘルペスの兆候

性器ヘルペスの兆候を見逃さない

性器ヘルペスが発症する前に独特の症状が出ますのでこれを見逃さない様にしましょう。

股に神経痛に似た痛み、あるいは外陰部のムズムズするような違和感

これを感じましたらすぐにバルトレックスを服用する事が大切です。

ヘルペスはどこの部位に出ても兆候が必ずありますので、このサインさえ見逃さなければほとんど症状が出ないままヘルペスを治す事が出来る様になります。

ヘルペスは何回も繰り返す事が多いので、1~2年出なかったのに今年は急に出てくるなどの場合が多く、常に前兆を覚えておきましょう。

すぐに対処できるように、バルトレックスを持っている事が大切です。

日本の医薬品の場合は、保険の設定で5日までしか一度に処方できない仕組みになっていますので、これ以上は処方してくれません。

ですので、通販を上手に使用して事前にバルトレックスを確保しておく事をお勧めします。

バルトレックス
バルトレックスジェネリック

日本でバルトレックスを処方してもらったら、ジェネリックを頼みましょう!!! バルトレックスジェネリッ ...

続きを見る

角膜ヘルペスは要注意!

性器ヘルペス、口唇ヘルペスなどは比較的バルトレックスなどの薬を使用する事で問題なく治療すれば治るのですが、
目にヘルペスができると問題です。

角膜にヘルペス菌が繁殖し始めますと、厄介な事になります。

角膜ヘルペス口唇ヘルペスなどの症状が、次第に目に近づいてきますと要注意です。

角膜ヘルペスは最初の内は、目にゴミが入った感じがしてゴミを取ろうと目を洗ったり、目薬をつけたりします。

通常のごみですとこのような事で、しばらくしますと改善するのですが角膜ヘルペスですと一向に治りません。

なかなか治らないので、眼医者に行って検診をしますと角膜の辺りに少し傷があるのでそれが原因でしょうと抗アレルギーなどの目薬を処方してくれます。

暫くこの目薬を使用していても、まったく治りません。

治らないので、再度眼医者さんに行って検診をしてもらうと、ばい菌が原因かもしれませんと言って、抗生物質の入った目薬を出してくれます。

角膜ヘルペスですと、当然これらの目薬をいくら使用しても絶対に治りません。

角膜ヘルぺsう
角膜ヘルペスの治療

目次1 角膜ヘルペスの治療1.1 角膜ヘルペスは診断が遅れる1.2 角膜ヘルペスの治療が遅れると2 ...

続きを見る

困った末に違う眼医者に見てもらったら、ようやく角膜ヘルペスである事が分かります。

と上記のような経路を経て角膜ヘルペスである事に気が付くような状況です。

まだ上記の場合は、角膜ヘルペスと気が付いたのでいいのですが最悪の場合はかなり角膜にヘルペス菌が繁殖してからようやく気が付くなどのケースも多々あります。

なぜ角膜ヘルペスが厄介なのかは、眼医者の先生が角膜ヘルペスの症状を知らない場合が多いからです。

角膜ヘルペスは最初に角膜の淵に潰瘍を作ってその後蜘蛛の巣状に角膜の上で広がっていきます。

角膜ヘルペスは失明の原因の1番になっています。

一旦、大きく炎症が広がりますとなかなか治るまでに時間がかかり、治ったとしても角膜に変形を残していきます。

当然、その部分は見えずらい現象が残ってしまいます。

角膜ヘルペスは厄介ですが、早期に気が付いてバルトレックスを服用しておきますと問題なく完治します。

自分の行っている眼医者さんの知識で目の状態が大きく変わってしまいますので、顔にヘルペスが出やすい方は、角膜ヘルペスになる可能性がありますので、知識としてよく覚えておきましょう。

また、眼科ではバルトレックスを用意していない医院も多く、バルトレックは皮膚科で処方してもらうのが一般的です。

このように、バルトレックなどの薬を一般的にもらうのは皮膚科で、皮膚科では角膜ヘルペスは全くわかりません。眼科でも角膜ヘルペスの患者にあう事は稀なケースで眼科の先生もすぐにわからないと悪巡回をしてしまいます。

バルトレックの早期服用が確実で簡単に治癒ができる。

口唇ヘルペスでも、性器ヘルペスでもヘルペスの症状が出てきましたらとにかく早期にバルトレックスを服用する事が重要です。

特に角膜ヘルペスなどの場合には、ヘルペスの潰瘍が進んで蜘蛛の巣状になってしまいますと治っても角膜に歪みが出てしまいます。

又これを繰り返す事で次第に角膜は変形をしてしまい深刻な状態を作る事になります。

ですので、自分で角膜にヘルぺスが出てくると感じるゴミが入ったような感覚を鋭く感知して、すぐにバルトレックスを服用する事で、症状がひどくならずに消滅します。

他の口唇ヘルぺス、性器ヘルペスでも同様で、とにかくヘルペスの症状が出てきたらすぐにバルトレックスを服用しましょう。

ヘルペスウイルスは、体から消すことが今の医学ではできませんので、必ずヘルペスは再発するものだと言う認識が大切です。

ですので、事前にバルトレックスを用意しておく事が一番です。

バルトレックス
バルトレックスの詳細

目次1 バルトレックスとは2 ヘルペス治療にバルトレックスが一般的3 バルトレックスを事前に用意して ...

続きを見る

お医者さんでは、症状が出ませんと処方をしてくれませんので、通販を利用する事で安く手軽にバルトレックスを購入する事ができます。

バルトレックス

投稿日:2016-05-30 更新日:

Copyright© ヘルペスの症状や原因について | ヘルペスラボ , 2020 All Rights Reserved.